ストレンジ・デイズ
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩いている三木健弘のブログ
プロフィール

thebbb

Author:thebbb
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩く三木健弘のブログ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バンド・オブ・ザ・デイズ 6」
「あ~ぁ、寝過ぎて腕がしびれた」
六時間目の授業が終わり、
早々と帰りの支度を済ませた高見が
あくびをしながら僕の席に近寄って来た。
「さぁて恭ちゃん、今日は何して遊ぼっか?」
「何するって今日はアパート行かねーの?」と僕は尋ねた。
なぜなら彼らと出会ったあの日から昨日まで
僕らは毎日例のアパートで酒を飲み、タバコを吸い、
くだらない話に花を咲かせ続けていて、それがもう2週間も続いていたからだ。

「まぁたまにはさ、違う事して遊んでもいいじゃん。なぁ、海!」
振り向くと山川も帰宅の準備を終え、
ふらふらと僕の席に近付いてきていた。
どうやら山川も寝ていたらしい。
ほっぺにくっきりとついた袖のボタンの跡がそれを物語っていた。
「たまにはなんかして遊ぼうぜ」高見がさっきと似たような台詞をもう一度言った。
「俺は酒さえ飲めればどこでもいい」
「んじゃ酒飲めて遊べるようなとこ!どこがいい?」

その後僕ら三人はどこに遊びに行くか少しの間協議した。
その結果、ビリヤードをしに行くということになった。

「ビリヤードならもちろんあそこのビリヤード場だよな?海?」と高見が言った
「もちろん。あっこ以外考えられん」
「あそこってどこだよ?」
「まぁついてきたらわかるって」
山川はそう言って教室のドアに向かって歩き始めた。


*


学校から自転車で20分程度の場所にそのビリヤード場はあった。
『BACK BEAT』と書いてある小さな看板を掲げた店。
地下への階段を降りて扉を開けると、そこには、どこか懐かしいというか退廃的というか…とにかく『いい味』を出してる空間が広がっていた。
「お!いらっしゃーい」
ふと見ると入口のすぐ隣りにあるレジカウンターに男の人が座っていた。
日本人なのか外人なのかわからないくらい彫りの深い顔をしており、長めの髪を後ろで束ねていた。
年齢は40歳前後だろうか?
「久しぶりっす」高見が親しい感じで挨拶をする。
「あれ?今日は3人なんだ。珍しいね」と僕を見て男が言った。
「そうなんすよ。神代。こちら店長の中村さん」と山川が男の正体を明かしてくれた。
「神代です。よろしくお願いします」
「神代君ね。よろしく。店長の中村です。彼らと友達になるなんて君も相当変わってるんだろうなぁ」と中村店長が笑いながら言った。
「はい、んじゃぁこれボール。他にお客さんいないし好きなテーブル使っていいよ」店長がそう言ってくれたので僕らは入口から見て一番左奥のテーブルを陣取った。
山川は鞄を置くなり早速ウィスキーを飲みだした。
どうやら中村店長は未成年の飲酒喫煙に対してわざわざ咎める性格ではないらしい。
「ルールはナインボールでいい?3人だけど?」
「うん」
「とりあえず1回戦は負けたやつが自販機のジュースおごりな!んじゃぁ始めようぜ」
そうして僕らのビリヤード大会が始まった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thebbb.blog105.fc2.com/tb.php/273-e9ffaf60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。