ストレンジ・デイズ
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩いている三木健弘のブログ
プロフィール

thebbb

Author:thebbb
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩く三木健弘のブログ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショータローの映画道場!  第1試合
押忍!始まったぜ!
第一回!ショータローの映画道場!
「オス」って変換で出てこないぜ!押忍!
探り探りのキャラの感じが痛々しいけれども!やるぞ、俺は!

で、第一回目ということで
何の映画にしようか、もうすっごい悩んで悩んで悩んだ結果が
「やっぱ大好きな映画にしよう。」

これから採点をつける上で基準となる映画を観ようではないか。
そうだそうだ。そうしよう。決してめんどくさくなった訳ではないですよ!
ということで今回の映画は


「プライベートライアン」


やっぱ大好きな戦争映画で。一発かまそう、と。

で、この映画。
俺が戦争映画好きになったきっかけとなった作品なんですけども。
25回は観たと思います。多分。
だから「今更この映画を評価すんのもどうかな。」って思ったんですけど
いい機会だし客観的に観てみようとも思いまして。

はっきり言って超が付くほど有名戦争映画。
監督は、かの有名な「スピルバーグ」
主演はトム・ハンクス。
まだ無名に近い、ヴァン・ディーゼルやマット・デイモンなども出演。
だけどそんなことはどうだっていいとさえ思う。
魅力はたった一言で片付く。

「リアリティー。」

映画開始直後のノルマンディー上陸作戦のシーン。
史上最大の作戦から幕開けとは、それだけで俺は興奮するんですけども、そこは抑えて。


小型の上陸船には20人もの兵士が詰め込まれ揺られている。
中には船酔いと緊張で吐いちゃう兵士や、ひたすら祈りをささげる兵士の姿も。
ただ、他の戦争映画と違うのは、カメラワークとサウンドだろう。
まるで1人の兵士になったようなカメラアングル。
カメラの揺れ具合は半端じゃない。
船の上にはたくさんの爆撃機。
飛び交う銃撃の音が耳元をかすめる。
近くに爆撃を受け、大きく揺れる船。
その途端に少し周りの音のボリュームが下がる。
爆撃によって耳がおかしくなる演出。
観ている者の緊張感はどんどんと膨れ上がる。

そして上陸。その途端に大量の「死」が訪れる。
波打ち際は血で真っ赤に染まり、悲鳴と爆撃音が木霊する。
まさに地獄絵図である。
ちぎれた自分の腕を探す兵士、飛び出した腸を押さえながら「ママ」と叫ぶまだ若い兵士。
紙一重の生と死がそこには散らばっている。
そして、ここで注目して欲しいのは音だ。
ヘルメットをかすめる銃弾の音、銃弾が肉を貫く音、血が吹き出る音はまさにリアル。
そして意識が朦朧とすると、遠くからうっすら聞こえ
しばらくすると、ハッキリ聞こえてくるあの演出は拍手喝采もの。

・・・上陸作戦のシーンについて長く語りすぎてしまった(笑)

メインストーリーとしては、1人の兵士を助け出すというもの。
簡略化しすぎだと思うかも知れないけれど、本当にそうなのだから仕方が無い。
その兵士の名がライアン。マット・デイモン演じるライアンである。
その救出までに至る経緯は他のサイトを参考にでもしてよ。(えぇー

とにかく、この広い戦場の中たった一人の兵士を探すという絶望。
しかもたった8人で。そして、その中で見出す希望。
「戦争の中、1人の命を救うことで、後に誇りに思えることができる」
そんな救出作戦の中で次々と仲間達がやられていく。
うごめく、葛藤。
「自分の命と引き換えに、ライアンを救う価値はあるのか」
そして・・・。

ハイ終了!
メインストーリーどうでもよし!

何故俺がこんなにもこの映画を愛して止まない理由。
それは冒頭の上陸シーンだけって事に気付きました(笑)
ただそれだけでも価値がある映画なんじゃないだろうか?
いや、うん!きっとそうなんだ!価値があるのだ!

この映画を観て何を感じるかは、人それぞれだろうけど。
俺はただ純粋に戦争が「悲惨だ」ということしか言えない。

いや
戦争とはただ単純に「そんなもの」なんじゃないだろうか。

ということで、最後にこの映画に評価を。うーん。

バババン!

5段!(全10段中)

真ん中でいってみた、押忍!

・・・

うーん

次はもっと考えて文章を書こう!オス!
キャラもちゃんと定めよう!オス!
明日はワンマンだよ!オス!

ではまた来週お会いしましょう!
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/10 16:28】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thebbb.blog105.fc2.com/tb.php/477-8de3ef2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。