ストレンジ・デイズ
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩いている三木健弘のブログ
プロフィール

thebbb

Author:thebbb
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩く三木健弘のブログ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワラシィの読書風月 第四回
早くも四回目。つまり一ヶ月である。僕は一体何をしてきたのだろう。
過酷なバイトデイズを潜り抜け、作詞作曲ライブにラジオ、果ては小説、このコーナー。
二年前の自分が見たら驚くほど活動している。にも関わらず、一向にファンは増えない。
もしかして僕人気無いのかな、なんて毎日考えながら、今日このサイトにアクセスすると、「るい」という人がコメントをくれていた。
僕の小説の序盤に登場する人物と同じ名前なので、結構通なファンなのだろうと、コメントを閲覧させて頂いた。
「寂しい夜は寒くて眠れないの…連絡下さい」
よくある広告だった。そんなもん俺なんか毎晩寒くて眠られへんっちゅーねん、ボケが。

おっと、日記を書いている場合じゃない。
今週は、コルタサルという人の短編集、「悪魔の涎・追い求める男」を読んだ。
幻想短編小説家らしく、一体どこで名前を知ったのかは分からないが、とりあえず買って読んだ。
べらぼうに面白かった。日常と非日常を対比させる、ありがちなものではなく、いつの間にか非日常に日常が取り込まれてゆくという手法。
美しく視点がすり替わり、哀しみすら感じられないまま終わる「悪魔の涎」、僅か二ページと一行で戦慄を与える、「続いている公園」、ウサギを吐き出す男というユニークな発想の「パリにいる若い女性に宛てた手紙」。
暗示と現実が交差して、火炎によって浄化されてゆく「すべての火は火」。
で、そんな幻想的なものばかりかというとそうではなく、ある天才ジャズマンが狂気と交わりながら音楽の果てを探す「追い求める男」、交通渋滞から始まる傑作「南部高速道路」と、内容はバラエティに富んでいて、作者の筆力を思わせる。
僕が一番好きなのは、「南部高速道路」だ。
原因不明の渋滞に巻き込まれた人々。食料、気温、病気、様々なトラブル。そしてその中でいつの間にか交わされる愛。
ま、ここまでは別に普通の作家でも書けそうな話だ(面白いけど)。コルタサルという作家の才能を一番感じるのは、渋滞が解消された後である。
……誰も読まないだろうが、ネタバレはしない。
ああ、しかし僕はこの短編の素晴らしさを誰かと共有したい。
……かくして、同居人の西上は無理に本を与えられることになるのだった。

僕だけキャッチコピーを考えるのも面倒なので、これから評価は「花鳥風月」の四文字が揃えば(つまり四点満点ってこと)満点とする。風流な発想ですこと。

評価
花・鳥・風(三点)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thebbb.blog105.fc2.com/tb.php/500-69e604e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。