ストレンジ・デイズ
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩いている三木健弘のブログ
プロフィール

thebbb

Author:thebbb
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩く三木健弘のブログ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワラシィの読書風月 第八回
見事にバイトの面接に落ちてしまった僕は、割とショックを受けている。
たかだかバイトですやん、そう仰る方もいるだろう。
そう、たかだかバイトである。
しかし、僕はバイトに受かった気になって、高歌放吟、手持ちを散財、かてて加えて暴飲暴食していたのだ。取らぬ狸の皮算用。後に残るは借金ばかり(借りていないけど)。
先日も、The Ventzの南出氏とA.K.氏と、バンドメンバーを引き連れて飲みに行った。飲み屋でほとんど飯を食わなかった僕は、店を出た後で酒が少し回り、徐々に食欲が湧いてきた。
そこで、西上と牛丼屋に入り、喰い、ハンバーガー・ショップに行って、喰い、さんざ遊んで帰宅したのであった。何たる無駄遣い。これでは、これでは、

このコーナーの本が、買えないではないか!

という長い言い訳で始まるワラシィの読書風月第八回、先日購入して読んだ本で、紹介していないものといえば……漫画である。しかし、漫画も立派な読書。それが証拠に、上記のThe Ventzとの飲み会でも、漫画の話で盛り上がったではないか(僕が一方的に)。
大体、このコーナーの紹介文にも「小説や漫画など」と明記している。漫画を紹介したところで、問題はないだろう。そもそも、岡崎京子の漫画なんかは、ある意味で「文学を超えている」シーンがいくつもあって、それは……。
と、漫画論を展開すれば、コーナーの趣旨とは違うわ、紙面も(紙じゃないけど)、僕のやる気も尽きてしまうのでさっさと漫画を紹介するけれど、僕が、連載している漫画で唯一買っているのが、石黒正数の

「それでも町は廻っている」

という漫画である。
どんな漫画か説明すると、メイド喫茶で働く女子高生とその仲間達の日常、という昨今の「萌え」カルチャーに分類される漫画のように思われるのだけれどもそうではなくて、いや確かに紺先輩は萌えるのだけれどもそうではなくて、とにかくジワッとした面白さがある、良い漫画なのだ。
なんか面白い、なんか切ない、なんか優しい、なんか好き。「なんか」でしか説明できない、不思議な漫画(デフォルメされた絵柄が、藤子不二夫から影響されているというのも、珍しくて良い)。
当たり前の日常も、視点を変えれば違って見える。しかし、それを当たり前として享受することができる、幸福。ただここにある幸福は、ただそこにあった幸福。そこにあった幸福は……。
そんな風にして、町は廻っているのだ。
そうそう、毎日は繰り返していて、退屈なように思えるけれど、永久機関が存在しないように、それでは町は、僕は「廻らない」。明日も町は廻り、ある日の僕は仲間達と、ある日の僕は一人で酒を飲んで、どうにか引っかかるのだろう。

……こんな漫画だったっけ。うーん。ま、簡単にジャンル分けすれば、何かの合間に気楽に読むことのできる、ほんわかコメディーである。あと、この漫画に出てくる、ベース弾きの紺先輩は本当に萌えるので、そっちの目的で読んでもいいと思うよ(←全部台無し)。

評価
花・鳥(二点)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thebbb.blog105.fc2.com/tb.php/530-45329cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。