ストレンジ・デイズ
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩いている三木健弘のブログ
プロフィール

thebbb

Author:thebbb
The Fillms、その他神戸を中心に活動するバンドでドラムを叩く三木健弘のブログ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワラシィの読書風月 十三回
一気に、東野圭吾の『加賀刑事シリーズ』を読んだので、各々について、短くレビューしたい。

『卒業』
こんな喋り方の大学生達って、嫌だな。なんて思いながら、初めて読んだ東野圭吾。僕はどうも、トリックを理解する頭が無いようで、地の文章で評価してしまうようだ。

評価
花・鳥

『眠りの森』
続き物、というので、一応読んだのだが、これが面白かった。加賀刑事の推理はもちろん、物語を貫くバレエ・ダンサーの哀しさと美しさ、いい作品だった。

花・鳥・風

『どちらかが彼女を殺した』
本格ミステリ。これがまた面白い!犯人全然分からないんだけど、加賀刑事の格好よさに、最後まで唸りっぱなし。水出しっぱなしは止めよう。

評価
花・鳥・風

『悪意』
衝撃。唯一ダメだった点を挙げるとすれば、最後まで東野の筆が悪意を捕らえることができなかったことだろうか。
……まぁ、捕らえられないからこそ、悪意なのだが。
しかしこれはお勧めできる作品。この重厚さは、ドストエフスキーの『罪と罰』なんかに通じるかも。

評価
花・鳥・風・月(満点)

『私が彼を殺した』
本格ミステリ第二段。難し過ぎて、さっぱり分からないが、読み物としても十分。ただ、やっぱり犯人がさっぱり分からない為、ラストが不満ではあった。

評価
花・鳥・風

『嘘をもう一つだけ』
短編集。あまり良くない。トリックも、なんだかなぁ、って感じ。主題はそこじゃないんだろうけど、おいおい微妙やで、今までもっと凄かったやん、といつの間にかファンになった僕の一人、呟き。

評価


『赤い指』
事件は大したことない(というか東野が書きたいものが変わったのだろう)のだが、最後のひっくり返しと、何より加賀と加賀父のやりとりに、おっちゃん、思わず涙。

評価
花・鳥・風

個別にでも読んでいけるので、ヒマがあれば、是非『悪意』は手にとって欲しい。
何回やられたことか。初めの伏線は見破ったと慢心していたのだが、いやぁ、まさかあんな所にあんな伏線がねえ。
まさに、『悪意』。後半はビビりっぱなし。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://thebbb.blog105.fc2.com/tb.php/564-c2536104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。